脱毛の毛根

脱毛した毛の毛根をマイクロスコープなどで見てみると
脱毛原因の種類かわかります。

 

毛根男性型脱毛症
正常な毛根は毛根部が膨らんでいて、マッチ棒とか綿棒のような形状なのですが、
毛根の膨らみがない形状

 

女性の場合この毛根を女子男性型脱毛症といいます。

 

毛根脂漏性脱毛症

 

皮脂の過剰分泌により起こってしまった脱毛

 

毛根粃糠性脱毛症
角化異常が起き、フケが原因での脱毛症

 

毛根円形脱毛症
自律神経失調から起こる脱毛症

 

 

自律神経には2つの種類があり、それらは
シーソーの様にバランスが保たれることによって
心身ともが健康状態になります。

 

その種類とは交感神経と副交感神経があり、
交感神経とは車で例えるなアクセル、副交感神経はブレーキの役割です。

 

ストレスなどで緊張状態の時は交感神経が高まります。その状態が続いてしまうと、
副交感神経の機能が低下してしまい、体にもさまざまな悪影響を与えてしまいます。

 

その状態は毛根にも現れます。

 

毛根びまん性脱毛症
極度の代謝不良

 

びまんの毛根は萎縮し歪んだ形状だったり、
毛根が尖っている形状や、先がほうきのようにボザボサと毛根の形状になっていない姿です。

 

スポンサーリンク