おすすめしないシャンプー剤はこれらの成分が入っているもの

このエントリーをはてなブックマークに追加   

界面活性剤や化学物質は現在抜け毛や、薄毛に悩んでいない方に対しても
おすすめできない成分です。

 

以前よりは減ってはきているものの、良くない成分が含まれているシャンプーが一般向けに市販されています。

 

ここでは色々な有害がある成分の紹介をします。
是非今後のシャンプーを選ぶ際意識してみてください。
含まれているシャンプーを見つけたら避けたほうが賢明です。

 

意外とCMでガンガン流れてるような知られているシャンプーに含まれてたりします・・・

 

合成界面活性剤

市販のシャンプー

ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム
ポリオチシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
ポリオキシエチレンエーテル(パレス・べヘレス)

 

上記の界面活性剤は非常に強力に皮脂汚れを落とすことができる。
頭皮にどのような影響、変化が表れやすくなるかというと

 

過剰に皮脂が落ちる右頭皮が乾燥する右フケ・痒み右掻きむしる

 

 

その他にも注意が必要な化学物質も紹介

 

注意防腐剤の安息香酸塩
(抗菌作用があるが、人の健康にどのように影響があるかがはっきりしていない)
注意品質安定剤のエデト塩酸
(皮膚が赤くなる。皮膚への刺激や発疹、ぜんそくを持つ方の症状が悪化)
注意酸化防止剤のジブピルヒドロキシトルエン
注意保湿性のあるプロピレングリコール(皮膚のバリア機能の破壊)
注意乳化剤のジエタノールアミン

 

体に影響のない量を使用することにで得られるメリットを優先している為に
これらの化学物質はあらゆる製品に含まれています。

 

が・・・・

 

上記に上げた化学物質はほかの化学物質もますます吸収させてしまう事になります。

 

 

あらゆる商品に使用されているプロピレングリコール
商品を手にとって、成分表示欄を見れば見つける事が簡単な成分の一つです。
化粧品や、食品、車の不凍液など色々な物質の溶剤に使用されていいます。

 

この化学物質が頭皮につくと頭皮のバリアー機能が破壊されます。
そして他の化学物質の吸収を安易にすることになり、有害な成分が体内に吸収されていくこととなります。

 

そのまま吸収された成分が排出されれば良いのですが、残念なことに蓄積されてしまいます。
怖いことに、プロピレングリコールという物質は溶血性があります。

 

赤血球減少や染色体異常を引き起こすというおそれがあるのでやはりこの成分が含まれている
シャンプー剤は避けたいものです。

 

 

香料

化学合成香料はやはり好ましくありません。
科学合成香料は製作費用の面で安く簡単にできますが、アレルギーを誘発します。

 

女性なら当然良い香りのシャンプーを使いたいですよね。
でもいい香りが長時間保てるシャンプーは注意です!

 

天然の香料は一時的で香りを感じなくなりますが、化学合成香料は続きます。
何種類かそういった化学合成香料はありますが、
これらは皮膚浸透もし内分泌系まで影響を及ぼすという薬学博士の研究結果ででています。

 

 

フケ止めシャンプー、痒み止めシャンプーにも注意!

 

頭のかゆみや、フケの悩みでついつい 「痒み止めシャンプー」や「フケ止めシャンプー」などを手にしてしまいがちです。
根本的な解決にならないどころか、使われている化学物質が頭部の菌を殺すために、多かれ少なかれ体に害のあるものであることがあります。

 

抗菌=体に良く安全のイメージが有り方も多いかと思います。

 

フケ止めに良く配合される成分

 

トリクロサン・・米ミネソタ州では2017年ごろからこれを含む商品の使用を禁止される予定。
ノルウェーのある研究チームで、子供の尿中のトリクロサン濃度を量った結果、
トリクロサンの濃度が高い子供ほど、アレルギーやアレルギー性鼻炎である率が高いというに結果でていますが
トリクロサンを含む商品は現状、石鹸、ハンドソープ、ボディーソープ、シャンプー、歯磨き粉、おもちゃなどなど沢山販売されていますね・・・。

 

ミクロジンクピリチオン・・・カウセラー時代、おすすめしないシャンプーに当時は愛用者も多かったメリットもあげていました。
発売当初は全面にフケ、かゆみに効くメリットとして販売され、ミクロジンクピリチオンが配合されていました。なので、おすすめしませんよと伝えていた時があります。
2006年以降、髪や、地肌にやさしいをコンセトとして配合成分を変えています。
なので、フケ、かゆみへの効果を実感して、好んでいた人には配合されなくなってからは不満があったかもわかりません。
1999年には環境ホルモン(生体にホルモン作用をおこすあるいは、ホルモン作用を阻害するもの)の疑いがあると国立環境研究所から発表がでています。

 

 

通常健康な頭皮には常在菌が弱酸性の皮脂膜を作り皮膚のバリアー機能を果たしています。
こうした菌にも作用するということは簡単に想像できます。

 

やはり一時しのぎではなくこの先をを考えてもより良い選択をしていきたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加