薄毛対策カウンセラーの思い出・・・美人OL

このエントリーをはてなブックマークに追加   

つめ
20代後半の独身女性で大企業にお勤めの方でした。

 

頭皮の皮脂のつまりがなかなか取れない。
そもそもあまり意識なくシャンプーしても綺麗な毛穴の状態にするのは
難しいんです。

 

シャンプーして毛穴をマイクロスコープで見ても取りきれてない。
時間もかかるし、指の腹で結構な力を要します。
あと洗い流すお湯の温度も高めがいいです。

 

その女性の爪はとても長く、それでは頭皮を傷つけてしまうおそれも
あるので切ることをおすすめしていましたが・・・・・

 

「私は切りません!」とそこだけは譲れないということでした。

 

いつも薄毛改善だけ考えていた私は
美意識の高い女性のそ気持ちもかんがえず(^_^;)
何度も同じアドバイスをしてしまいました。

 

当時は矛盾していると思っていたんです。
薄毛を治したいはずなのに、どうして最善をつくさないのか!
なんて頭でかっちな考えが浮かんでましたが
女性として素敵な事だったんだなあと反省してます(^_^;)

 

なんせ高額な料金でしたので、カウンセラーとしても結果を出したい一新です。
でもまだ若かったんですね( ¨)遠い目...

 

その場合は頭皮洗浄ブラシ なんかも市販でも販売されているかと
思うので、頭皮を痛めず、しっかり汚れを落とせるようにするといいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加